Messageトップメッセージ

物流環境の安全安心を実現し、デジタル化する消費社会の発展へ貢献してまいります。

代表取締役社長
金澤 茂則

株主・投資家の皆様におかれましては、平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

ロジザードがクラウドで在庫管理システムのサービスをスタートさせたのは2001年です。当時から在庫管理のシステム化の重要性は認識されていたものの、肝心なシステムは、大手向けで高額であったため、多くの企業の在庫管理の現場は、紙の伝票と人の目視がベースで運用され続けており、多くの人手を必要としておりました。

当社は、一層の物流の効率化を目指して、中小企業にITが手にできる環境を作りたいと願い、システムをインターネット上で共有し、月額費用で利用可能な提供モデルでサービス事業化したものです。
開始当初は通信インフラがまだまだ未整備だったこともあり、厳しい事業を強いられ苦しい時期もありました。しかし2020年代の私達は、よりサステナブルな社会を求め、アプリケーションだけに留まらず、限りある資源を有効に共有しつつ必要なだけ利用するという文化が大きく育っており、今後も益々望まれるサービスになると確信しております。

そして、当社のサービスを利用する主たるお客様である小売業は、これまでにもインターネット技術を積極的に取り入れ、販売額に対するオンライン比率は年々増加基調ではありましたが、特に2020年よりの新型コロナウイルス感染症の流行でその勢いが大きく加速しております。

収束の時期はまだまだ見通せないものの、現下のWithコロナ対応、さらには収束後のAfterコロナを見据えたO2Oへの動きの活発化で、物流への期待が益々拡大すると考えております。そして当社は、これを支える物流業界と同じ使命感を共有し、製品や体制づくりに邁進する所存です。

最後に、品質の良いシステムの提供はもとより、他に真似の出来ない運用を含めた"サポート力"を事業価値として定義し、「出荷絶対」の精神で、社会から、より安心・安全を提供する企業とご評価をいただけるようこれからも不断のチャレンジを続けてまいります。

今後とも一層のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2021年2月12日

代表取締役社長
金澤 茂則