Interview社員インタビュー

お客様の課題は自分の課題だと常に認識すること。
日本と海外の物流の懸け橋として
成長し続けたいと思います。

企画営業部

グエンティフン ユインNguyen Thi Phuong Duyen

2016年入社

仕事内容

海外企業や海外に展開している日系企業へ営業活動を行っています。
また、受注になった案件で技術者として物流業務をコンサルティングしながらシステムを導入しています。

仕事柄海外の方々と接することが多く、国々の文化を理解し、
「郷に入れば郷に従え」と意識することが求められる仕事です。

日本と海外との懸け橋として自身の役割が大きく二つあります。
一つは現地で物流業務に困っている企業の課題や需要を明確化し、
日本の物流ノウハウで最適なソリューションを実現すること。

そしてもう一つは、現地の従業員目線で作業しやすいシステム環境や業務フローを作ることです。
現地企業の物流業務が常にスムーズに行われるようフレキシブルに対応することがミッションになります。

ある1日の流れ
前日

夕方ベトナム到着

8:30

当日のスケジュール確認

日本案件状況確認・対応

打ち合わせ資料準備

11:30

昼休憩

13:00

潜在顧客訪問
システム説明・質疑応答

16:00

既存顧客訪問
運用状況確認・不具合処理

17:30

業務終了

仕事をする上で
大切にしていること

お客様の課題を明確化し、責任感を持って自分で納得できるまで課題に取り組むことが大事だと思います。
技術者としてはシステム機能をお客様より理解しているし、海外展開事業に携わる営業マンとしては日本の物流ノウハウと現地の物流状況をマッチングさせることがミッションであるという立場です。
「最適なソリューションを提案しました」と自信を持って言えるように仕事に挑む姿勢が重要です。
つまり、「お客さんの課題は自分の課題だと常に認識すること」です。

成長エピソード

仕事をこなすために、ある程度のシステム知識は必須となりますのでシステム部の研修を受けました。
あとは自分で資料を調べたり、先輩に教えてもらいながら実際の案件に携わりました。

現場でトラブルが発生した際、解決に向けてお客様と話し合いをして無事に納品が完了したときに大きな喜びを感じました。
技術者として大きく成長できた瞬間だと思います。

Message就活生の皆さんへひとこと

選択肢が多ければ多いほど自分の声に耳を傾けるべきと思います。
そして、左右ばかりを見回さずに前を向いて進みましょう。

採用に関するお問い合わせ

ロジザード株式会社 管理部 採用担当窓口
03-5643-6228
hr@logizard.jp