Interview社員インタビュー

優しい先輩方が沢山いる、
風通しの良い職場。

システム部

李 明道Li Mingdao

2018年入社

仕事内容

入社1年目の目標は、自社のクラウドWMS(倉庫管理システム)「ロジザードZERO」を導入支援することです。その目標を達するためには、自社の製品をよく理解し、お客様の物流現場を知ることから始まります。

入社すると2ヶ月間の社内研修・倉庫研修があります。自社の製品がどのような物流現場に使われているかを学び、実際に倉庫作業を行うことでイメージを掴みます。そして研修後の2018年6月に、システム部に配属されました。

配属後は自社システムの機能を一層深く学び、お客様へご説明ができるよう、ご質問やご要望にお応えできるよう精進しています。OJTでは先輩に同行して案件に携わり、テスト環境の作成や運用フローの作成などを行っています。その他、社内業務と平行に、社外研修で最新の物流情報を習得してます。

ある1日の流れ
08:45

出社、メールチェック、事務作業

09:30

自社システムの勉強

12:00

昼休憩

13:00

資料作成

15:00

システム操作説明発表練習

17:00

事務作業

17:30

退社

入社したきっかけ

ネットショッピングが趣味で、普段はAmazonや楽天などのモールで商品を購入しています。外出先から注文して家に届く、非常に便利なサービスだと思います。そこで、通販と少しでも関連性のある会社で働きたいと考えていました。

大学ではプログラムを専攻していたため、就活はソフトウェア業界1本に絞りました。そこで、ソフトウェア業界で通販と親和性のある会社としてロジザードの会社説明会が目に留まりました。通販の便利の裏側に、商品を注文してから届くまで、どのように無事に商品が届けられているのかが気になり、はじめは軽い気持ちで会社説明会に参加していました。

就活中は数々のソフトウェア会社の説明会に参加したのですが、お客様のところに常駐する、いわゆる「派遣」という形がほとんどでした。その点、ロジザードは他社とは異なり、自社で働けて帰属意識を持てる、興味のある通販とも関われる仕事だと感じ、ロジザードに決めました。

印象に残っている
エピソード

研修でデモンストレーションを行っていたのですが、ハンディターミナルを使っている際にエラーが発生しました。自分で直せるエラーでなく、「壊してしまったのではないか」と非常に不安になりました。
先輩へ相談したところ、エラーの原因を見つけて修正、さらに原因と修正方法まで丁寧に教えていただきました。壊していなかった、という安心感と感謝の気持ちでいっぱいになりました。

お客様の「エラーが発生したときの不安や焦る気持ち」と「問題解決されたときの安心感」を体験できました。自分自身も今後お客様が不安になった時に、すぐに問題を解決して安心してもらえるよう、システムの知識を付けたいと思いました。

ロジザードで働く魅力

魅力は2つあると思います。
一つ目は、とにかく優しい先輩方が沢山います。
長い学生生活を終え、2018年4月から社会人生活が始まりました。入社当初は自分自身の会社内のあり方や、何から始まればいいかが分かりませんでした。そんな中、先輩方は自分の不安を見抜いて、忙しいにもかかわらず、座談会や飲み会を開いて話す場を作ってくれました。辛い、悩み事が溜まっているときに、一人で問題を抱えさせない会社です。

二つ目は、風通しの良い職場です。
会長、社長を含め、全部署がワンフロアに置かれています。また、月一度に「ペンギンクラブ(自由参加)」というクラブ活動が行われます。新しいアイディアの共有をしたり、その実現方法を社長に伝えたり、参加者で話し合うことができます。

Message就活生の皆さんへひとこと

今の努力が来年の4月に実るので、業界絞らずに、自分に合う会社を見つけてください!

採用に関するお問い合わせ

ロジザード株式会社 管理部 採用担当窓口
03-5643-6228
hr@logizard.jp