Interview社員インタビュー

自分が携わった製品が
お客様の手に触れる日が来る!

開発部

袴田 明伸Akinobu Hakamata

2016年入社

仕事内容

ロジザードZEROのバージョンアップ

お客様からの問い合わせで発覚した不具合の修正やSEから提案された新機能の追加をします。実装からテスト、本番環境へのリリースまでの一連の流れを担当しますが、実際に動いているものに対してのリリース作業はひとつのミスが命取りです。毎回、緊張感を持って作業しています

新製品開発

弊社での新しいサービスを実現させるための製品開発をしています。開発部ではただ単にプログラムを書いていくだけでなく、どのように実装すれば効率が良いかを常に考える、柔軟な思考が必要です。そこが開発の面白いところでもあります。

ある1日の流れ
09:00

出社
情報収集
設計書作成
コーディング

12:00

昼休憩

13:00

案件ミーティング
お客様からの問い合わせ サポート対応
コーディング

17:30

退社

ロジザードで働く魅力

やりがいをとても感じることができる!

ネット通販でよく見る購入明細書ですが、実は弊社が作成したフォーマットのものであることが意外とあります。私自身も明細書の作成をしたことがありますが、その明細書が世の方々の目に触れていると思うとやりがいを感じます。今は新製品開発に携わっていますが、実際にお客様の手に触れる日が来ると思うと、楽しみで仕方ないです。

仕事をする上で
大切にしていること

日々の情報収集を欠かさない

情報収集に関しては仕事に関係あるなしに関わらず、様々な情報に触れるようにしています。IT業界は本当に技術変遷が速いのでそれも情報収集をしている理由の一つになるのですが、一番の理由は自分の引き出しを増やすためです。これは二つ目に大切にしていることに繋がります。

どんなことにも挑戦する

調べれば何でも方法が見つかる時代なので、多少難しそうなことでも自分でできると思ったことは自分でするようにしています。自分の経験のないことに挑戦するのは勇気がいる行為ですが、自身のコミュニケーション能力を豊かにする上で、とても大切なことです。話の内容を濃くするのは何より自分の経験だと思いますので。

成長エピソード

自分がこの会社に入社した当時は開発部の中で一番の若手でした。事務所内で年齢が近い人でも一回り上で、業界・技術的にそんなこと知っててあたり前というようなことも。知らないという状態(特にインフラ周りの技術・知識皆無)で本当にやっていけるのかなと正直不安でした。

最初の内は毎日必ず一つ以上の指摘をされる日々が続いていましたが、分からないところは調べる、それでも理解できないなら直接教えてもらうなどと根気強く努力しました。

今は入社して2年ほど経ち、分からないことが少しずつ無くなって、新製品の開発プロジェクトに参加したり、システムのサポート対応も任せてもらえるようになったりと、自身の成長を実感しています。

Message就活生の皆さんへひとこと

誰々がそう言ったから、あの人が薦めたからといった理由で就職先を選択することは絶対やめてください。最初から最後まで自分の意志を貫き、責任を持った就職活動をしてほしいと思います。

採用に関するお問い合わせ

ロジザード株式会社 管理部 採用担当窓口
03-5643-6228
hr@logizard.jp