アットホームと風通しの良さ

ロジザードはどんな会社だと思いますか?

小島: 転職活動中は「自分が審査されている!」という面接が多かったのですが、ロジザードの面接は楽しかったです!他社にはないアットホームさを感じました。事務所の風景も見せてもらったのですが、皆さんが楽しそうに笑顔で話しているところを見て、「ここに入りたい」と。入ってみるとそのイメージのまま、ギャップがなかったです。

小山: 働きやすい会社だと思います。
前職では「自分の成績が大事!」というイメージでしたが、ロジザードではお客様の幸せを考えてチームで助け合います。前職ではちょっと考えられなかったです。派閥だとか策略だとか、殺伐としていたので...。(笑)
ロジザードの先輩方は、自分の案件でなくても相談に乗って、丁寧に説明してくれます。
困っているときは自分なりの勉強の仕方を一緒に見つけてくれましたね。

他部署の先輩も自分を見てくれている

何か印象に残っていることはありますか?

小山: ちょっと分からないことがあって手が止まっていたときに、それに気づいて他部署の先輩が声をかけてくれたことがありました。優しいな、見ていくれていたんだな、と...。あとは、OJTでシステム導入現場へ同行させていただいたときに、「物流現場に行って、お客様の運用方法を知らないと気づかないことが沢山ある」と思ったんです。ただ、そもそもの知識もまだ無いのでモヤモヤしていると、実際の使い方やお客様の状況、先に考えられる話をしてくれて納得できました。

小島: また面接の話になってしまうんですけど、「ロジザード」という組織に入って、ちゃんとやっていけるかを見てくれているな、と感じました。

小山: 自分も面接のことよく覚えています!まだそんなに経っていないこともありますが。(笑)
話している中で「あ、この人の下で働きたい」と思いました。

小島: あとは、折に触れて個々のスキルを伸ばそうとしてくれます。
仕事をしている中で、結果的にできるようになったね、が今まででしたが、自分のなりたいものへの近道となるスキルを伸ばせる、と思いました。

伸びしろのある物流業界に携われる、ワクワクのある会社

「ロジザード自慢」をしてみてください。(笑)

小島: 伸びしろのたくさんある物流業界を見ているのも楽しいし、携われることにやりがいを感じる!

小山: 今後物流業界がどうなるのか、ロジザードとして何ができるのか、ワクワクしますね!
あとは、ロジザードの先輩方の安心感がすごいです。
自分から求めて努力をすれば与えてくれる、任せてもらえる会社だな、と思って「自由」だと思ったのですが、「自由」にできるのは先輩方が進捗を確認してくれたり、いつでも相談に乗ってもらえる環境があるからだと気づきました。ちゃんと見てくれるから本当にありがたいです。

小島: その優しさとか安心感が「部署をまたいでもそうなんだ!」って思いますね。他部署だから知らない、手伝わない、みたいなことがないです。

たくさんの「人」が活躍する物流倉庫

続いて、ロジザードZEROのメインのお客様となる物流倉庫、3PL事業者様についてお伺いします。ロジザードでは入社すると積極的に物流倉庫見学に行きますが、現場を見学してどう思いましたか?

小島: 物流倉庫を見学する前の倉庫のイメージは、「複雑な仕事をシステム化している」でした。
実際は沢山の「人」が活躍していてびっくり!

小山: よくドラマで見るような港の近くにある倉庫で、事件性を感じるイメージを持っていました...(笑)

小島: コンテナ倉庫かな?(笑)

小山: 多分そうだと思います。(笑)
逆に物流倉庫の知識が本当に無いので、自分は物流倉庫を見てスゴイ!って思いました。
あとはいくつかの物流倉庫を見学させていただいたので、それぞれの倉庫の規模や設備の違いが印象的です。

スタッフのモチベーションを上げる物流倉庫の工夫

物流倉庫のスタッフの方々にお世話になり、ここが良いな、と思ったところは?

小島: 私が研修をさせていただいた物流倉庫さんでは、パートさんが数十人いらっしゃったのですが、社員の方がとにかく気持ちよく働けるように、モチベーションを挙げられるように工夫していました。

小山: 例えばどんなことをしていたんですか?

小島: 朝礼で前日の実績を伝えて「ありがとう!」と伝えることとか、休憩時間に声をかけているとこを見かけました。

様々なサービス、システムに繋がっているのが物流

物流に関わる仕事、どう思いますか?

小山: ロジザードZERO導入にOJTで先輩に同行した時に、荷主さんの取り扱い商品が自分の知っているゲームだったんです。通販で良く買う商品もこの「物流」が無いと成り立たない、無くてはならないのが「物流」なんだ、と改めて思いましたね。

小島: 「こういう流れだったんだ!」って知ることが出来ますよね。

小山: ですよね!俯瞰的に「物流」を見たときに、通販であればECモール・カート・受注管理システム・基幹システムと色んなシステムにどんどん繋がるのが楽しくて!

小島: 相関図がどんどん広がりますよね!
私たちが2~3年働いたらもっと知れる!それが楽しみです。

「物流」のことをまだまだ知らない人が多い

株式会社ギークプラス Geek+ピッキングシステム「EVE」

次は少々難しいテーマです。
「物流業界の課題」は何だと思いますか?どうすれば解決できるでしょうか?

小島: 実際に新しい技術を使ってシステム化、ロボット化をしている現場を見ると「かっこいい」って思いますよね。
物流は「ちゃんと届いて当たり前」、みたいな前提があるからマイナスばかり目についちゃうと思うんです。自分たちの見えない部分だから、その当たり前がどんなにすごいことかに気づかないんですよね。

小山: 確かに自分も通販は注文ボタンを押せば商品が届く、と思っていたしバックヤードで何が起きているか気にもしていなかった。
この前、注文した商品ではないモノが届いたんです。ロジザードで仕事をし始めて物流の裏側がわかるようになったので、「間違えちゃったんだな」という程度に理解できるようになりました。
表に出ていないことが問題なら、表に出せば良いんじゃないでしょうか?...どうやって、を考えないとですね!

ロジザードはベンチャーと上場企業のいいとこどり

最後に、物流業界やロジザードに興味をもっていただいた就職活動中、転職活動中の方へ一言!

小島: 良いところに目を付けたね!私は入ってすごく良かったなって思っているよ!と伝えたいです。(笑)
ロジザードは「ベンチャーと上場企業の良いとこどり」だと思います。
ベンチャーのイメージだと20代中心、でもロジザードはベンチャーと言いながら人生の先輩が多くて、物流、通販、それに紐づくアパレルやコスメなどの商材、ロボットに関しても時流を知っています。だから過去から比較をして傾向を読み取って新サービスを提供できるんだな、と思います。

小山: 大きな会社が合う人、合わない人がいる中で、ロジザードはどちらともとれる、まさしく「ベンチャーと上場企業のいいとこどり」!
BtoCの業界、有名なロゴに惹かれることはわかるけど、実際は見た目と中身が違う事ってありますよね。
任せてもらいたいと思っても、その部署に入れないとできない、言われたことだけやっていればいい、みたいな。
ロジザードには、自分で考える、何を勉強するべきか考えられる良い環境があると思います。
働きやすいのでおすすめです。

※1:ロジザードでは「お客様を知る」ことを目的に物流倉庫へ研修に行っていただくことがあります。

入社1年目、活気のあるフレッシュなお話しをありがとうございました!
今後の物流業界は小売業界の進化により複雑化、人手不足もさらに加速していくでしょう。
ロジザードには何ができるか、一緒に考えるメンバーの一員になりませんか?